フリスク添削結果!

こんにちは。
Masaです。

本日、2回目のブログ更新♪

なぜって?それは、待ちに待った添削結果が届いたからで~す♪

7月25日に郵送して、戻ってきたのが8月22日の今日ですから、約1ヶ月ですね~。
あ~~長かった~。

あまりに長いので、もしや送付したはずの郵便がどこかへ行ってしまって、事務局に届いてないんじゃないかしら~、と思ったりもしたわけですよ。

あ~~、無事に戻ってきてよかったわ~。

では、早速、結果発表と参りましょう!!

ジャジャジャ・ジャーン!!

★総合評価 合格

やった~~!!バンザ~イ!!
フリスク添削結果

10個ある評価項目のうち、9個にA評価を頂きました。

僅かな歪みがあったため「横列はまっすぐか?」の項目で惜しくもB評価。

でもでも、「ほぼパーフェクトに近い程の完成度です!」とコメント頂けたのが、とても嬉しいです。

★講師・評価コメント
フリスク添削結果

「第1回目課題製作お疲れさまでした!

この課題は縦横の並びをまっすぐキレイに揃えることが重要なポイントでしたが、横列にかなり僅かな歪みが見られました。列の揃え方ですが、ストーンを正面から見るだけでなく、小物を目線の高さに持ち上げて、ストーンを横から覗き込むようにして見ると歪みが分かりやすいので、接着剤が固まる前に毎回そのようにして確認&調整をしながら進めましょう!接着剤の量&扱い方はgoodです!!全体的にかなりキレイに仕上がっております♥この調子で次の課題も頑張って下さいね!」

と、頂きました。

自分でも自覚していた横列のわずかな歪み。

ご指摘いただいて、やっぱりか~、と思うと同時に、もっと気をつけないとねと、身が引き締まる思いです。

通信講座はマイペースで進められる反面、随時、誰かに評価されたり、意見を求められるものではないので、つい、都合のいいように解釈して、自分に甘くなりがち。

なので、今回のように講師の方に作品を見ていただいて、意見を頂けるのはとても有難いです。

添削結果が戻ってくるのに1ヶ月もかかるということは、それだけ受講生が多く、添削に時間がかかるということなんでしょうね。

そんなお忙しい中、丁寧なコメントをくださった講師の方に感謝。どうもありがとうございました。

至らなかった点、次回はもっと気をつけて臨みます。

・・・と、忘れるところでしたが・・・。

★筆記試験結果 95点

えっ?満点じゃないの?
フリスク添削結果

ほぼテキストに答が書いてあるような問題だったのに・・・。

一体何を間違えたのか・・・。

しっかりと復習しておきます。汗

 

添削課題①フリスクケース

おはようございます。
Masaです。

今日は朝から雨模様。時折、滝のような激しい雨が降っています。

もう8月だというのに・・・。
このおかしな天気、いつまで続くのかと思うと憂鬱です。

さて、今回のテーマは

「添削課題①フリスクケース」です!!

使用するのはスワロフスキー・エレメント。
練習で使用していたガラスストーンとは輝きが違います。

キラキラして、本当に綺麗。

まずは、土台となるフリスクケースに不良がないかを確認し、汚れや細かいホコリを拭き取ります。

綺麗になったフリスクケースを、正しい向きでセットしたら準備完了!!

縦、横1列ずつ仮置きして、ストーンの位置を確認します。

整列並べの練習を思い出しながら

一粒一粒、慎重に配置して完成したのがコチラ。

まずは、真上から見るとこんな感じ。
フリスクケース

撮影している自分が影になってフリスクケースに写り込んでしまいました。

光の反射もあって、ラインがちょっと見えにくいですね~。

・・・ということで、少しアングルを変えてみました。
フリスクケース

下の方から、見上げる感じで、手前が少しぼやけてますけど、今までにはない雰囲気があってGood!

ラインの並びも確認しやすくなりました♪

そして、最後は斜め上から撮ってみた!
フリスクケース

これが一番のお気に入り写真。
光の反射も少なくて、全体を綺麗に写すことができました。

同じものでも見せ方で随分違いますね~。

これからは、綺麗な見せ方も工夫してみたいです。