隙間との戦い!

おはようございます。
Masaです。

台風が近付いているからでしょうか、湿気混じりの蒸し暑い空気を感じます。

さて、今回のテーマは「花柄」です♪

最初に、モチーフとなる花柄を接着した後、周りの背景をランダムに埋めていくのですが、これがかなり難しい。

まさに隙間との戦い!!です。

花びら部分はローズのSS12、花の中心はシトリンのSS8、そして背景部分にはクリスタルのSS12、SS10、SS5を使用します。

まずは、いつものごとくパネルに正方形の枠を描きまして、その中に花柄を仮置きします。

花と花の間隔が狭すぎると、背景のストーンが置けなくなってしまいます。
だからといって、間隔を広げると花柄が入りきらなくなってしまう・・・。

さて、どうしたものか・・・。

そこで、ストーンを置く順番を考えてみました。

① 中心となる真ん中の花
② ①の両隣の花
③ 2段目、4段目の中心となる2つの花
④ 1段目、5段目の3つの花
⑤ 2段目、4段目の両端の花

花自体は中心のシリトンを置いた後、上から順番に周りの花びらを置きました。
ランダム埋め(花柄)

おっ!なかなかいい感じに置けてるんじゃない?

では、早速、接着剤で固定していきましょう。

・・・、と実はこれも結構大変。

仮置きした位置を崩さないよう、ひとつずつマジカルピックで持ち上げ、その部分に竹串で接着剤を点塗りし、ストーンを戻し固定します。

そっと花びら部分を動かして、まずは中心のシリトン、その後、周りの花びらと、仮置きした手順どおりに接着したらバランスが取り易かったです。
ランダム埋め(花柄)

ねっ!仮置きしたとおりに固定できているでしょう?

・・・、と喜びもつかの間・・・。

本当の戦いはこれからです・・・。

・・・、とその前に・・・。

背景をランダムで埋めていくとき、花柄を崩してしまわないように花柄が接着剤で完全に固定されるまで、10分くらい置きました。

準備が整ったところで、背景のランダム埋めに進みます。

いつものように、左上角から始めたのですが、花柄があるので、思うようには進みません。

正直なところ、花柄が邪魔になって接着剤が塗りにくいし、ストーンも置きにくいんですよ~。

でも、進めていくうちにある気付きが!

名付けて、パネルくるくる作戦!!

そう。パネルをくるくる回して、自分のやりやすい位置に変えてしまうんです。

左右に傾けたり、上下反転させてみたり、斜めにしてみたり、とにかく、その時に一番やり易いようにくるくると。

そうすることで、接着剤をつけるときも、ストーンを置くときも、ずっとスムーズになりました♪

それから、花柄と花柄の間の隙間は、一気にストーンを配置した方が失敗が少なかったです。

そんな、こんなでなんとか半分くらいできたところです。
ランダム埋め(花柄)

う~ん、それでもやっぱり隙間が目立つような・・・。

完成です♪
ランダム埋め(花柄)

今回はかなり悪戦苦闘しました。

あ、でも、これ、モチーフ間の隙間がある程度ないと使えないので、ある意味、特殊な技法です。

まだまだ不安が残るので、どこかで練習しないとね。

 

 

年に一度の大イベント!

こんにちは。
Masaです。

今日はいつも実店舗でストーンを購入させていただいているパーツクラブさんの年に一度の大イベントを覗いてきました。

8月29日(木)~31日(土)の3日間開催されるこのイベント。

初日の今日は多くの人で賑わっていました。

中でも人気があったのは、パーツ詰め放題!!
バーゲンセールの時のお値打ち品のごとく、ワゴンの周りには人だかり。

争奪戦が繰り広げられている中、もちろん参戦してきましたよ~!
パーツクラブ

そして、こちらが戦利品。

期待してたのですが、さすがにスワロフスキー・エレメントはありませんでしたので、ビジューと組み合わせて使えそうな石座や、アクセサリーパーツを選んできました。

1,000円で、23点、総額4,700円(税込み4,935円)をゲット!!
パーツクラブ

せかっくなので、何かオリジナル作品を作ってみたいと思います。

それにしても、イベントって楽しいわ~♪

年に一度と言わず、もっとやってくれたらいいのに~。

 

自然な移り変わり

おはようございます。
Masaです。

今日もとってもいい天気。湿度が低くなり爽やかです♪
空に浮かぶ雲も変化しているような気が…。でもまだ秋晴れというには早すぎるのかな。

さて、今回のテーマは「グラデーション」です♪

クリスタルライトローズローズフューシャの4色のSS12、SS10、SS5の3サイズを使用します。

まずは、見本の上にパネルを重ねて、正方形の枠線と、それを4分割する目安線を描き写します。

下記画像の左側が見本。右側がパネルです。
ランダム埋め(グラデーション)

今回は、目安線付近から少しずつ次の色を混ぜていくのがポイントです!!

最初はパネルの左上角から目安線までの距離の3分の2あたりを目安に、扇状に接着剤を塗り、ストーンを配置していきます。

このときはまだ次の色を混ぜる必要はありません。
ランダム埋め(グラデーション)

以降は、目安線間の2分の1あたりを意識して接着剤を塗り、少しずつ次の色を混ぜていきます

目安線を境に急激に色が変化しないよう、バランスを見ながら進めていきます。

1色目は下に行くにしたがい小さいストーンを使い減らしていき、2色目はその逆に、上の方では小さいストーンを少しずつ混ぜ込み下に行くにしたがい大きなストーンを増やしていくというイメージです。
ランダム埋め(グラデーション)

3色目を混ぜ始めたところです。
ランダム埋め(グラデーション)

4色目も同様に。
ランダム埋め(グラデーション)

完成です。
ランダム埋め(グラデーション)

色の自然な移り変わり、表現できているでしょうか?

今回は縦方向のグラデーションでしたが、角から中心に向かったグラデーションも綺麗かも。

色の選び方で印象もグッと変わるでしょうし、いろんなアレンジが楽しめそうですね。